僕は、額を床につけた。

手を広げて、床の冷たさに、ほっとした。

地球、そう、僕は、地球を抱き締めている。 、、、心地いい冷たさ。

そうすると、背中から、芽がでてきた。

ひょっ。

芽は、二葉になり、にょきにょきっと、大きくなって、木になっていく。

ば、ば、ば、。 枝がわかれ、葉が繁り、地球を包むほどの大木になった。

蕾がでてきた。

花が咲く。

ぽん、ぽん、ぽん。

花は、いい香りを放ち、地球を覆った。

そうだ、好きな人のことを考えよう。
あなたが幸せであるように、僕はあなたをささえよう。
そうだ、嫌いな人のことも考えよう、
あなたがいることで、僕はドラマチックになれる。結構、君のこともすきだ。 地球、僕を育み、好きな人を育み、嫌いな人を育み、出来事を育み、見守ってくれているあなたに、そうだ、ぼくは、気づいた。

ただ、足元にある大地は、あなたであるということ。

僕の背中の大木は、いつまでもあなたを包む。

地球と共に生き、地球とともに、死んでいこう。

 

HP ・・・ https://coutelasshino.com/

FB ・・・ https://www.facebook.com/profile.php?id=100042768828205&fref=profile_friend_list&hc_location=friends_tab

Instagram ・・・ https://www.instagram.com/coutelasshino/?hl=ja

#地球 #青 #月 #好きな人 #嫌いな人 #祈り #木 #話 #物語 #ストーリー #絵

カテゴリー: